作業事例 ≫ 潜熱回収貫流ボイラ

工場の生産設備やビルの空調設備などに使われる貫流ボイラ。ボイラ効率102%で業界TOPの高性能なモデル。赤い四角でビジュアルアイデンティティーを明確化しブランドイメージの強化を図る。白基調のカラーリングと筐体コーナーの丸みで、クリーンかつソフトなイメージを表しています。

リサーチ・課題抽出

デザイン情報の収集、他社競合製品の特徴や傾向を把握。現行機種課題を抽出した上で、デザイン目標の設定を行いました。

スケッチ

複数案検討しマップに落とし込み、デザインの方向性を探ります。

コンセプト

3案の仮コンセプトを立て、それをベースにスケッチ検討を行い、そこからコンセプトをまとめました。

カラーリング検討

CGで大体の色を決めた後、塗装紙を作成。光沢度を含め現物で確認し、試作機を塗装。その後、デザインレビューを行っています。

詳細検討・データ化

製造、コスト等の条件を押さえ、詳細デザインを検討。その後3Dモデルを作成。

製品

第46回機械工業デザイン賞 

日本商工会議所会頭賞 受賞