top of page

「何ぞ、必ずしも」


「何必館・京都現代美術館」へ行きました。


そこで知ることができた

『私を育てて呉れているのは、坐辺師友である。』

という魯山人の言葉があります。


自発的に身のまわりのものごとから学び、見る目を養い、腕を磨け。

という自分へのメッセージと思えて共感しました。


自分の殻を破りたいとき、迷いを抱えたとき・・・様々な状況のその時々に、

何か力強いヒントが得られると思える美術館です。


参考

「何必館・京都現代美術館」

「北大路魯山人展」は2024年 2月12日(月・祝)まで開催



Comments


Featured Posts
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
bottom of page