Copyright 2006-2019 Desige Office BACS co.,ltd. All rights reserve

展示会

January 17, 2019

シチズン時計株式会社創業100周年記念イベント『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』/田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Building

 

12月にスパイラルガーデン(東京・表参道):シチズン時計株式会社創業100周年記念イベント『CITIZEN“We Celebrate Time”100周年展』と
2館連携企画(東京オペラシティ アートギャラリー/TOTOギャラリー・間):田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future―Digging & Buildingに行ってきました。

『CITIZEN"We Celebrate Time"100周年展』
行ったのが最終日だったこともあり、多くの人で賑わっていました。
インスタレーションで約7万2千個使われていた時計の基盤装置である「地板」の存在感は素晴らしく、見る角度、位置によってもイメージが変わり、会場全体はとても幻想的な雰囲気となっていました。
円形展示場を螺旋状のスロープを上がりながら見ると、刻々と変わる光の空間が現れました。



2館連携企画
TOTOギャラリー・間「Search & Research」
東京オペラシティ アートギャラリー「Digging & Building」


ギャラリー・間では会場全体にある棚に模型やサンプルが所狭しと並び、密度の濃さを感じました。
その一方、オペラシティアートギャラリーでは、大型の模型や、展示室を埋め尽くす写真や図で作品を体感することが出来ました。

リサーチのために集められたイメージの圧倒的な量とメモ書きなどから、思考のプロセスの一端を感じることが出来、とても興味深かったです。

そしてそれぞれの展示会
場では映像も流れていたのですが、今までは展覧会などでの映像は大きめのモニターに作者の詳細であったり、作品の補足が流れていることが多かった印象がありますが、今回は展示室全体に映像があり、作品の中に入り込むような感覚になりました。

少し前に国立新美術館で観たボナール展では、「描かれることのなかった風景」がプロジェクションマッピングで展示室全体に映し出され、画家が見た作品世界の中にいるような仕掛けがあり、「作品をどう表現するのか」の新しい流れを感じました。

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

January 29, 2019

January 17, 2019

January 7, 2019

December 12, 2018

July 9, 2018

Please reload

Archive